あなたの背中ニキビの原因は?その対策法と超おすすめ化粧品を教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

背中ニキビはどのような原因でできるのでしょうか。実は原因はたくさんあり、心理的ストレスや物理的な刺激、細菌、生活習慣などがあります。まずは原因を知り、それを取り除きましょう。そしてそれでも対処しきれないときに頼りになるのが化粧品です。なかなか治らないひどいニキビは、ニキビ対策用の化粧品を使うことで改善できるかもしれません。この記事ではニキビにおすすめの化粧品をピックアップし、その効果も見ていきます。上手に化粧品を活用し、背中ニキビをケアしていきましょう。

背中ニキビを治すためにまず原因を知ろう!

背中ニキビがしつこくて悩んでいませんか?顔にできる普通のニキビと比べて、背中ニキビはくせになって何度も再発しやすいのが特徴です。

そのため慢性化してしまったら、意識的に治そうとすることが大切なのです。

この記事では、背中ニキビの原因から改善方法、おすすめのコスメを紹介します。上手にニキビの原因に対処して、背中ニキビを克服しましょう。

背中ニキビができる原因

まずは、背中ニキビができる原因について見ていきましょう。

心理的ストレス

以下のようなメカニズムでニキビを招きます。

  1. ストレスで自律神経が乱れる
  2. 男性ホルモンが増える
  3. 皮脂の分泌が増える
  4. 毛穴がつまりニキビになる

ストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れてしまいます。交感神経が過剰に反応してしまうのです。

それは、ホルモン分泌に影響します。特に交感神経が優位になると、その原因であるストレスに対処するために体を活発にする男性ホルモンが多く分泌されるようになります。

この男性ホルモンは、皮脂を増やす働きを持っています。そのため毛穴に皮脂がつまりやすくなり、ニキビを招くのです。

物理的ストレス

空気の乾燥や紫外線、服の摩擦などが肌への刺激になって、ニキビを誘発します。

乾燥でニキビができやすくなるのは顔と同じです。乾燥から肌を守るため、皮脂の分泌量が増え、毛穴が詰まりやすくなるのです。

また紫外線を浴びると肌のバリア機能が弱るので、それを補うために角質が厚くなります。その結果毛穴がつまりやすくなります。

服の刺激も同じで、摩擦を受けると肌はゴワゴワになります。毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができるのです。

細菌、カビ

顔のニキビの原因はアクネ菌です。一方背中ニキビの原因はマラセチア菌という別の菌です。

厳密に言えば菌が違うので同じニキビではないのですが、菌の繁殖によって炎症が起きてしまうという点では共通しています。

生活習慣

脂肪の多い食事睡眠不足はニキビを招きます。脂肪の多い食事をとっていると皮脂の分泌量が増えることがわかっていますし、睡眠不足はホルモンバランスの乱れを招き、結果的にニキビの原因になることが分かっています。

ニキビの原因として生活習慣は軽視されがちですが、非常に深くかかわっているのです。

背中ニキビ対策方法

続いて、背中ニキビへの対策方法を見ていきましょう。

健康的な生活を心がける

先ほど紹介したようなニキビの原因となる悪い生活習慣を改善する必要があります。

食事は脂肪分を摂りすぎないようにし、睡眠は十分な時間を確保することが必要になります。

またストレスもニキビの原因になるので、うまく発散することが大切です。

化粧品でケアする

生活習慣に気を付けるとともに、化粧品でケアをしましょう。ニキビ対策用の商品をうまく使い、毛穴の汚れを取り除いたり炎症を抑えたりすることが必要です。

化粧品選びの注意点

ニキビ対策に必要な化粧品ですが、商品を選ぶ際には注意すべきことがあります。

フワッフワの泡立ちは効果なし

濃厚な泡立ちをウリにしているニキビ対策商品もあります。確かに泡が濃厚であれば、その分少ない摩擦で洗うことができるので、肌への刺激が少ないという点では評価できるでしょう。

ただし汚れを落とす効果については、あまり意味がありません。泡が濃密だからといって毛穴の汚れがしっかり落ちるとは限らないのです。

ほとんどの化粧品は肌に浸透していない!

肌は外部の物質を簡単に内側には通しません。そのため、化粧品の成分もほとんどは浸透しないのです。

何らかの工夫を施して肌へ浸透するようにした成分、あるいは吸収されなくても効果が期待できる成分を配合した商品を選ぶ必要があります。

おすすめの対ニキビ化粧品【ビーグレン】

そこでおすすめする対ニキビ化粧品が、ビーグレンです。毛穴の汚れを吸着するクレイと、浸透しやすくした高濃度のビタミンCが魅力です。

薬学博士が開発したサイエンスコスメ!

開発したのは、長年薬学の研究を行ってきた博士です。成分を肌の奥まで届けるために特殊な技術を採用しています。

論理的に効果があると考えられる、科学的根拠のある化粧品なのです。

国際特許取得済みの最新医療技術”QuSome”でしっかり浸透!

QuSomeという独自の技術を採用しています。これは肌に浸透しづらい成分を油性の膜で包み、浸透しやすくするという技術です。

肌は水性の物質より油性の物質のほうが通過しやすいという特徴を持っているので、そのことを生かした技術といえるでしょう。

お試しセットが格安で使える!

ビーグレンの魅力は効果だけにとどまりません。格安のお試しセットがあり、気軽に使うことができるのも特徴です。

本当に効果があるのか不安に思っている人にも、まずはお試しセットで実際に使ってみてほしい商品です。

>>公式サイトはこちら

ビーグレンのお試しセット

ではそのビーグレンのトライアルセットの内容について紹介します。

洗顔料:クレイウォッシュ

ビーグレンのクレイウォッシュには以下のような特徴があります。

  • 泥で汚れを吸着
  • 微細な粒子なので毛穴もきれいに
  • 肌の潤いを逃がさない
  • 発泡剤が入っていないので低刺激
  • 炎症を抑える成分配合

クレイというのは泥のことです。細かなモンモリロナイトという泥の粒子で、毛穴の中を洗い上げます。

通常の洗顔料の泡では大きすぎて、毛穴の中まできれいに洗うことができません。しかし毛穴の2,000分の1という微細な泥の粒子であれば、洗うことが可能なのです。

ニキビの直接の原因は毛穴が詰まることですから、毛穴の中を洗うことでニキビ予防効果が期待できます。

また泥で汚れを吸着するという形で洗うので、肌の潤いを奪いません。通常の洗顔料は界面活性剤によって皮脂が水に溶けるようにして洗い流すのですが、これでは肌に必要な量の皮脂さえ落とし、乾燥をまねきます。

クレイウォッシュはあくまで汚れをくっつけて落とすので、皮脂まで洗い流すということがないのです。

またニキビの炎症を抑えるため、以下のような成分が配合されています。

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • アロエベラ葉エキス
  • カミツレ花エキス

肌に優しく、汚れをしっかり落とし、炎症を抑えてくれるのです。

人気も高く、@cosmeでは2017年6月1日~2017年8月31日の間に洗顔フォームランキング第2位を記録しているほどです。

化粧水:クレイローション

化粧水であるクレイローションには以下のような特徴があります。

  • グリチルリチン酸ジカリウム配合
  • 被膜作用
  • 保湿成分配合

こちらにもグリチルリチン酸ジカリウムが配合してあり、炎症を抑える作用が期待できます。

そのほかにも、炎症を抑える効果の期待できるエキスが配合されています。

  • オウゴンエキス
  • カモミラエキス
  • イリス根エキス

また天然クレイの被膜作用によって肌の表面を保護。潤いを守ります。

そして以下のような保湿成分も配合しています。

  • 納豆エキス
  • ヒアルロン酸

これらの成分で肌を守り、潤し、炎症を抑えてくれるのです。

>>公式サイトはこちら

美容液:Cセラム

(公式サイトより引用)

美容液であるCセラムには以下のような特徴があります。

  • 高濃度ピュアビタミンCを配合
  • 皮脂のバランスを整える
  • ターンオーバーの促進

Cセラムには、高濃度のピュアビタミンCが配合されています。

昨今では化粧品に配合されるビタミンCとしては誘導体が主流ですが、ビーグレンではあえて通常のビタミンCを配合しています。

確かに安定性という観点からはビタミンC誘導体のほうが高いのですが、実はビタミンC誘導体はそのままでは作用しません。

皮膚の中でビタミンC誘導体は酵素によって分解され、通常のビタミンCに戻って初めて効果を発揮するのです。

酵素で処理する過程を挟むため、その分効果が表れるのに時間がかかります。しかしピュアビタミンCであればその過程がないので、効率が良いのです。

そんなビタミンCは皮脂のバランスを整え、炎症を鎮める効果や、ターンオーバーを整える効果が期待できます。メラニンの生成を防ぐので、シミの予防にも良いでしょう。

しかしそんなピュアビタミンCにも弱点があります。

  • 浸透しづらい
  • 高濃度だと刺激が強い
  • 安定性が低い

これらのような弱点があるので、通常は誘導体にして配合されているのです。しかしビーグレンは誘導体にすること無く、これらの弱点を克服しています。

それが先ほども紹介した、QuSomeという技術です。ビタミンCを油性の膜で包むことによって、浸透しやすさを向上させ、刺激を減らし、安定性を高めているのです。

ビタミンCの本来の力を最大限に引き出す技術といえるでしょう。

クリーム:QuSomeモイスチャーゲルクリーム

ビーグレンのモイスチャーゲルクリームには以下のような特徴があります。

  • べたつかないテクスチャ
  • 美容成分をQuSomeで浸透しやすくしている

まず、べたつかないテクスチャが特徴です。さっぱりした使用感なので、ニキビ肌でも抵抗なく使うことができます。

また、ヒアルロン酸やコラーゲンといった成分をQuSomeで凝縮。肌に浸透しやすくしてあるのです。肌の潤いを保ち、ニキビの原因の一つである乾燥に対処します。

>>公式サイトはこちら

背中ニキビの豆知識

次に、背中ニキビについてあまり知られていない豆知識を紹介します。

背中ニキビが痒い理由は?

ニキビは毛穴の中で炎症が起きている状態です。炎症が起きるとその中ではさまざまな伝達物質が働きます。

それらの影響で、痛みや痒みを生じることがあります。

背中ニキビがなかなか治らない理由は?

記事の冒頭で、背中ニキビの原因をいくつか紹介しました。ニキビの原因は多岐にわたるのです。

そのため、自分の背中ニキビの原因をきちんと把握して対処しなければ、なかなか改善しません。

改善するためには、原因を知ることが不可欠なのです。

背中ニキビにさよなら

以上、背中ニキビの原因と改善方法、おすすめの化粧品を紹介しました。

先ほど触れたように、背中ニキビの原因は多岐にわたります。人によって原因は異なるのです。

まずは自分のニキビの原因を把握しましょう。そしてできる限りその原因を取り除きます。

しかし生活習慣や睡眠時間の確保など、なかなか難しい場合もあるでしょう。そのようなときに頼りになるのが、化粧品です。

上手に化粧品を使い、しつこい背中ニキビを改善していってください。

>>公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*